コンテンツにスキップ
税込・送料無料:
元の価格 ¥39,600 - 元の価格 ¥39,600
元の価格
¥39,600
¥39,600 - ¥39,600
現在の価格 ¥39,600
型名:mz-picostacksdr-on1
在庫:
残り 3 個
本製品の詳細
ご購入の前に

下記をご確認,ご了承のうえ購入のお手続きをお願いいたします.
・VOD,解説テキスト,ソースコード類は1人1ライセンスです
・すべての映像,画像,文書テキスト,ソースコードは,著作権法によって厳格に守られています.無許可の転載,複製,転用は法律により罰せられます
・その他の免責事項

ソフトウェア無線の開発に欠かせない数学と信号処理の基本を作りながら学ぶ
基礎編
ディジタル回路技術,アナログ回路技術,そしてコンピュータ上の信号処理技術の集大成である“SDR”(Software Defined Radio)を題材として,電気・電子技術全般の構造を学びます.「ディジタル信号処理」に必要な数学を高校数学から始めて一気通貫で解説します.「初等関数」(三角関数,指数関数,対数関数),「微分・積分」,「複素平面」,「オイラーの公式」,「フーリエ解析の基礎」などを扱います.これらの基本的な内容を徹底的に理解すれば,ディジタル信号処理にとどまらず回路設計や制御工学,統計解析,その他のあらゆるエンジニアリング手法を身に着ける際に大いに役立ちます.
  • 電子工学の集大成である“SDR”(ソフトウェア無線機)を題材にして,「エンジニアにはどんな理論が必要なの?」という疑問に答えます
  • 「設計」に必須のテクニックである「微分」と「積分」の意味や使い方を演習形式で徹底的に解説します
  • 基礎編のゴールである「オイラーの公式」を理解すれば,幅広い分野への応用が開けます
応用編
「基礎編」で扱った各種初等関数,微分・積分,複素平面,オイラーの公式などの理解を前提として,実際のディジタル信号処理システムの設計に必要な「フーリエ変換」,「離散フーリエ変換」,「変換」,「サンプリング定理」,「ディジタル・フィルタ設計」を解説します.最終的にSDRキット“Pico Stack SDR”で実際に使用している信号処理のソース・コードを理解することを目指します.
  • 電気回路,機械設計,情報工学,あらゆるエンジニアリングには「フーリエ解析」が必須です
  • 本セミナ(応用編)では,「フーリエ解析」の本質を最高にわかりやすく解説します
  • フーリエ解析の応用として「微分方程式を解く」,「ディジタル・フィルタを設計する」などの具体例も扱います
製品内容
(1)講義資料一式 ソフトウェア・ラジオ 学習キット Pico Stack SDR
(2) 講義ビデオ(800分)と解説テキスト(450頁)
URLとパスワードは,ご注文受付メールまたは同梱の説明書に記載されています
(3)実習用組立キットと技術資料一式
・PicoStackSDR_部品表_20220401.pdf
・PicoStackSDR_組み立てマニュアル_20220401.pdf
・PicoStackSDR_使い方マニュアル_20220401.pdf
・PicoStackSDR_回路図_20220401.pdf
・PicoStackSDR_program.zip

製品の比較

{"one"=>"比較する2つまたは3つのアイテムを選択します", "other"=>"選択された3つのアイテムの{{ count }}"}

比較する最初のアイテムを選択します

比較する2番目の項目を選択します

比較する3番目の項目を選択

比較