コンテンツにスキップ
税込・送料無料:
元の価格 ¥44,000 - 元の価格 ¥44,000
元の価格
¥44,000
¥44,000 - ¥44,000
現在の価格 ¥44,000
型名:z-flightradar-wb2
本ウェビナの詳細
・開催日時:3月16日(土)&17日 10:00~17:00 生ライブ受講 / 3月18日~3月24日 見逃し配信
・講師:川口 正(SIGL代表)
ご購入の前に

・生ライブに申し込んだ方は,見逃し配信による受講も可能です.
実習キットが必要な方は,[Webinar/KIT](キット付き)がおすすめです.
・測定対象の基板だけが必要な場合は,info@zep.co.jp までご連絡ください.
・実習キットは講演7日~10日前に宅急便にて送付します.また,講義資料については,講演3日前までにメールにて送付予定です.
・講義資料,ソースコード類は1人1ライセンスです.

ポケット・サイズの6GHzネットアナ&スペアナを活用して無線通信回路の正しい測定・評価技術を学ぶ

 本セミナでは,ポケット・タイプの帯域6GHzのスペクトラム・アナライザとネットワーク・アナライザを動かしながら,高周波回路の測定・評価技術と不具合対策をマスタします.スペクトラム・アナライザとネットワーク・アナライザは,数百MHzから数GHzの回路動作を評価するために不可欠な測定器です.オシロスコープはGHz以上の無線通信回路の特性評価には適しておらず,プローブが測定対象の回路動作に影響を与え,大信号/小信号/ノイズを同時に確認することができないからです.無線通信回路では,信号とノイズ・レベルとの比が1000倍以上を見る必要があり,オシロスコープではその比が数百倍です.スペクトラム・アナライザでは,その比が数千倍の場合でも測定できます.高周波のフィルタやアンプの周波数特性を測るには,多くの周波数点での通過などの特性を測定する必要があります.ネットワーク・アナライザでは周波数を連続的に発生させて各周波数点での通過などの特性を自動的に測定でき,効率的に周波数特性が測定できます. また,ネットワークアナライザは,信号とノイズ・レベルの比が数万倍でも測定できます.
 これらの測定器を正しく使っていないと,ノイズの誤判定や不適切な周波数設定などにより,誤った評価をしてしまうこともあります.そのため,無線通信回路の設計やトラブルシューティングにおいて,測定器の選択や正しい使い方が不可欠です.測定器を適切に活用することで,無線通信回路の性能や信頼性を向上させることが可能です.

製品の比較

{"one"=>"比較する2つまたは3つのアイテムを選択します", "other"=>"選択された3つのアイテムの{{ count }}"}

比較する最初のアイテムを選択します

比較する2番目の項目を選択します

比較する3番目の項目を選択

比較